::お知らせ::  [ 画師略伝 ] 「月岡芳年 ―血みどろ絵師は「生」を見つめた―」を追加しました

画皮 美女の化けの皮

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、青い顔の妖物が人の皮に絵を描いて身にまとい、娘にまんまと化けるところまでで――。

王は恐ろしさに歯の根も合わず。
這うようにして書院を後にするト。
一目散に街へと走り。
かの道士を必死に探し出した。

「お願いです。助けてください。ば、化け物が――。私の家に――」
「まあ、落ち着きなさい。だからあれほど申しましたろう」
「金ならいくらでも出す。あれを、早く退治してください」
「困りましたのう」

ト、道士は顎ひげをさする。

「実は、別の家の悪霊祓いを引き受けてしまいましてな。かと言ってこのまま見捨てるわけにもいかぬ。――よし。では、これを渡しましょう」

ト言って、持っていた払子(ほっす)を手渡した。
よく坊主が手にしている、白い毛を束ねたハタキのようなあれですナ。

とにもかくにも、王は払子を手に家に帰る。
書院にはもう近づく気にもなれません。
幾日ぶりかで母屋で寝ることにいたしました。

「そんなものを戸口に掛けてどうするんです」

幾日ぶりかに夫にまみえた賢妻は。
荒唐無稽な弁明に、呆れ顔を浮かべている。

「娘の皮をかぶった妖怪ですって。なにを馬鹿馬鹿しい。おおかた、痴話喧嘩でもして追い出されてきたんでしょう。しかし、書院に我が物顔でのさばられては大事です。庇を貸して母屋を取られるとか申しますから」

ト、冷たくあしらいはしましたが。
そこは、やはり正妻としての矜持もある。
震える夫を孤閨へ迎え入れ。
久しぶりに夜をともに過ごしましたが。

時は三更に至り。
草木も風も眠っている。
聞こえてくるのは我が鼓動ト。
妻のかすかな寝息ばかり。

ト、その時。

コツ――。
コツ――。
コツ――。

「――来た」

身の毛が再びよだちだす。
歯の根が再び震えだす。

廊下を小さな足音が。
こちらへ向かってやってくる。

コツ――。
コツ――。
コツ――。

隣では妻が穏やかな顔で眠っている。
こうして見るト、小娘よりよほど愛おしい。

コツ――。
コツ――。
コツ――。

どうして良いかわかりません。
とりあえず寝台を下りてみるが。
ぐるぐるト部屋中をうろつくばかり。

コツ――。
コツ――。
コツ――。

コツ――。
コツ――。
コツ――。

――。
――。

やがて足音が戸口で立ち止まる。
あたりに静けさが舞い戻る。

王はじっと聞き耳を立てる。
己の鼓動が邪魔をする。

「道士め」

ト、歯噛みトともに吐かれる声。

スポンサーリンク

「余計な入れ知恵をしおったな――」

娘の甘い声ではない。
この世のものとも思われない。
鈍く重い破れ鐘(われがね)のよう。

ギリギリと歯ぎしりが響き渡る。
王は目をつぶり身を縮ませる。

コツ――。
コツ――。
コツ――。

やがて足音は去っていった。

額には玉のような汗。
王は倒れ込むようにして。
妻の待つ寝台へと戻っていった。

ト。

「待ちなさい」

闇に響いたのは妻の声。
扉の前に立っている。

「――開けるなッ」

王が止める暇もなく。
妻が扉を開け放つ。

「この小娘ッ、泥棒猫ッ――」

戸口に掛けた道士の払子を。
妻が妖物ト知らずに投げつけた。

その瞬間――。

一陣の大風のごとく。

妻を押しのけてなだれ込む。

青黒い影が寝台の王に飛びかかった。

ビリビリッ、ビリビリビリッ――。

哀れ、王は一瞬にして。
腹を無残に引き裂かれ。
臓物はすっかり掴み出され。

嵐はまたたく間に去っていく。

物音に気づいた家の下女が。
燭台を手に恐る恐るやってまいりますト。

そこには目を剥いたまま奥方が伸びており。
床は一面の血の海になっており。

天井には臓物らしき赤い肉が、いくつも叩きつけられて張り付いていたという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(清代ノ志怪小説「聊斎志異」巻一ノ四十『画皮』ヨリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから