::お知らせ:: 最新怪異譚 業平と芥川の人喰い倉 を追加しました

 

熱海初島 お初の松の由来

この怪異譚をみんなに紹介する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 21

こんな話がございます。

伊豆国熱海を、南東の海上へ去ること三里。
名を初島ト申す小島が、沖に浮かんでおりますが。
この島の開闢は、さる姫君の漂着から始まったトカ申します。

その昔、日向国に初木姫ト申す美しい姫がおり。
何の因果かこの島へ流されてまいりまして。
毎晩、無人の島から寂しく対岸を眺めましては。
焚き火を焚いて人の気配を求めておりました。

やがてこれに気づきましたのが。
伊豆山の伊豆山彦ト申す一柱の神。

さっそく姫は萩で筏を組みますト。
いとしい男神に相まみゆるべく。
どんぶらこ、どんぶらこ。
海を渡っていったトいう。

その育てた子らの末裔が。
今の伊豆山権現であるト申します。

さて、この初島の船着き場に。
遠く伊豆山を望むように立つ大きな松がある。
名を「お初の松」ト申しますが。
その由来にはこんな秘話がございます。

初島にまだ人家が六戸しかなかったころ。
そのうちの一軒に娘がひとりおりました。

名をお初ト申しまして。
年の頃は当年十七、美しい盛りでございます。

ところが小さな孤島には、同じ年頃の者がおりません。
お初は物心ついた時分から、おばばとふたりで暮らしてまいりました。



ざあああっ、さあああっ。
ざあああっ、さあああっ。

寄せては返す波の音。
磯辺にぽつんトおばばの姿。
せっせと天草(てんぐさ)を干し並べている。

じっと耳を傾けますト。
賑やかな笛ト太鼓の音が。
遠く海の彼方から。
聞こえてくるよな思いがする。

――ぴいひゃらら。
ぴいひゃらら。
ドンドン、デンデン。
ドンデンデン――

寂しいお初にもただひとつだけ。
胸が高鳴ることがございまして。
それが毎年春に執り行われる。
伊豆山権現の祭礼でございます。

その日ばかりはきれいに着飾りまして。
島の衆とともに、船を連ねて海を渡ります。

美しい巫女たちが舞を舞う。
勇壮な男たちが弓比べをする。
白装束に身を包んだ人たちが。
神輿を担いで練り歩く。

我が暮らしはト申せば、ただ海草と戯れるばかりの日々。
伊豆山の賑わいは、まるで別世界のようでございます。
年に一度の祭礼を、お初は楽しみにしておりました。

さて祭礼当日は、雲ひとつない青空で。
伊豆山権現の社には、すでに黒山の人だかり。

「ほら、あれをごらんよ」
「右近さまが弓を射るよ」

にわかに人々が沸き立ちましたので。
その視線の先をたどっていきますト。
片肌脱ぎの若い衆がふたり並び立ち。
今しも弓をいっぱいに引き絞っておりました。

ひとりは土地の百姓らしい。
穴ぐらから出てきたタヌキの如き粗末な顔。
もうひとりはト、目を転じますト。
これがその右近さまと呼ばれたお方らしい。

お初は思わず目を見張った。

切れ長の涼し気な目。
引き詰めた髪に、より細く見える細おもて。
はだけた肩も胸も、隆々としておりながら。
その白さはまるで都人のようでございます。

力強くも優美なその若武者の姿に。
お初はすっかり見とれてしまいました。




じりじりじりト、弓がしなっていく。
的を射抜くように睨むその眼差し。
お初は我がことのように息を呑む。

「ヤッ」

トいう一声とともに、右近が矢を放つ。
矢は唸りを上げながら飛んでいきますト。
見事、的の真ん中を射抜いて弾き飛ばした。

「ワッソ、ワッソ、ワッソ、ワッソ――」

参道の坂道を登ってくるのは。
地鳴りのような男衆の声。
白装束の男たちが神輿を社に担ぎ入れ。
群衆が囲むようにしてついてくる。

不意の喧騒に巻き込まれ。
慌てて元の場所を振り返りますト。
若武者はすでに人混みに呑まれておりました。

いや、そればかりではございません。

「お、おばば――」

気がつくト、おばばはおろか。
島の者が誰ひとり近くにいない。

――夕暮れ。

島の人たちからはぐれてしまいまして。
お初はひとり境内に立ち尽くしている。
このままでは島へ帰るすべがございません。

「おい、アマッコ」

藪から棒に肩を掴まれて。
ドキッとして振り返りますト。
そこに、例のタヌキが立っていた。

「おめえ、まだ相手がいねえんなら――」

ねとねとト汗ばんだ男の手。
ニッと開いた口には黄色い歯。
酒臭い息が吹きかかる。

思わず顔を背けますト。
若い男女がそこかしこで。
手に手を取って、肩寄せ合い。
藪へ消えていくのが目に入る。

「――おめえ、オラと遊べや」

お初は恐ろしくなりまして。
タヌキを振り払って駆け出していった。

「コラ、待て」

浜辺へト出る参道の坂道を。
お初は転がるように駆け下りていく。
ギュッと目をつぶり、歯を食いしばり。

ト。

ドスンと何かに突き当たりまして。
驚いて顔を上げますト。
そこにいたのは若武者右近。

優しくお初を抱き寄せますト。
藪の中へと逃げ込ませた。

知らずにタヌキが駆け抜けていく。

――チョット、一息つきまして。

この怪異譚をみんなに紹介する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着情報のフォローはこちらから