民話・昔話の怖い話一覧

踊る猫

猫一匹の他に何もない貧乏寺。貧に迫られた和尚が心を悩ませていると、名月の晩に突然、猫が踊り出す――。長者の娘の怪死と宙に舞う棺。「猫檀家」の名で知られれる有名な民話より。

大歳の火

姑から火種を消さぬよう言いつけられた嫁は、気掛かりのあまり、夜通し見守ろうとするが――。不安で押しつぶされそうな状況下で、女が見た幻影とは。雪夜の不思議な幽霊譚。

山鬼妖艶

一人で越す者の前には怪異が必ず現れるという峠。水面や草間に揺れる顔を振り払って迷い込んだ先には、母性の象徴のような女が待っていた。岩手遠野の民話より。

継母と顔の赤い鳥

母を亡くした子どもたちのために、父が娶った新しい「かかさん」。若い継母は年の離れた姉のように、優しく接してくれる。子どもたちが心を開いていったとき、新しい家族に災難が降りかかる――。

猫と南瓜

子宝に恵まれない夫婦の前に現れた愛らしい子猫。ところが、一夜の宿を求めた巡礼は、猫を一目見て――。愛くるしさに秘められた猫の魔力のおぞましさ。