仏教説話一覧

鬼の手

夜の森の中。木の上に並んで立ち、鹿猟をする兄弟。二人の間には、長年隠し続けてきた秘密があった。そして、振り返るとそこに――。今昔物語集より。

近江の女のいきすだま

東国へ下ろうと夜道を歩いていた男は、見知らぬ女にさる屋敷へ案内するよう乞われるが――。肉体を離れた情念の純化した恐ろしさ。「今昔物語集」中の一篇より。

阿弥陀仏よや おおい、おおい

鳥獣、魚に、男も女も――。生きとし生けるものを殺し続けた悪人、源太夫。講話をする僧に出くわした彼が発した一言とは――。芥川龍之介「往生絵巻」などの原拠として有名な一篇より。

鉄鼠頼豪

勅命で皇子誕生の祈祷を行った高僧頼豪。約束を反故にされた阿闍梨は、復讐のために断食に入り――。「平家物語」「源平盛衰記」「太平記」などに描かれた実在の僧侶の怨霊伝説。

死骸に乗る男

捨てられ、怨みを抱いて死んだ妻。祟りを恐れて陰陽師を頼った夫は、冷たく突き放されて――。小泉八雲が世界に紹介した、恐怖の仏教説話より。

海賊と死ねない男

海賊六郎が襲った船。屋形の上に座し、経を読み続ける僧。男女を問わず海に沈められる中、僧だけが何度も浮かび上がってくる――。宇治拾遺物語より。

死美人の匂い

若い女の魅力に取りつかれ、妻を離縁までした男。だが、女はまもなく死んでしまう。残された男は驚きの行動に――。実在した僧の発心譚より。

湛慶阿闍梨と殺した女

帝や時の権力者から絶大な信頼を得ていた高僧、湛慶。ある時、不意に見ず知らずの女に感じた愛欲を抑えられなくなり――。過去と現在が交錯する平安朝の怪奇譚。