::お知らせ:: 画師略伝 葛飾北斎 ―画狂老人は一処に安住せず― を追加しました
 

山中の魑魅

この怪異譚をみんなに紹介する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 21

こんな話がございます。

よく魑魅魍魎ナドと申しますが。
実は魑魅と魍魎は別物であることを、ほとんどの方はご存知ないようで。
かく言うわたくしも、つい今しがた知りましたが。

魑魅は山の怪、魍魎は河の怪を指すそうでございます。
更に申せば、魑は虎の姿を借りた山の精霊。
魅は猪の頭に人の胴体をした、沢の精霊が原義だそうで。

いずれにしましても、山には陰陽の気が籠もっておりますから。
その気に乱れが生じますト、これら魑魅となって怪をなすのだそうでございます。

さて、お話は天正五年のこと。
松永久秀と申す武将が、かつて足利将軍を影で操っておりましたが。
その後、織田信長の軍門に一旦降りながら、この年になって謀反を起こしました。

その配下に小石伊兵衛尉と申す勇者がございまして。
今まさにこの者が、河内国片岡城に籠城しております。
ところが松永勢は劣勢、信長軍は勢い盛んに押し寄せてくる。
小石はもはやこれまでト、夜陰に乗じて城を脱出いたしました。

それに先立って、小石は、弓削と申すところに妻の身を隠させておりました。
ト申しますのも、当時、妻が懐妊しておりましたので。
小石は妻と落ち合いますト、手を取り合って竜田道を越えていきました。

ところが、ただでさえ身重の体に、夜の山越えは難儀でございます。
峠までやってきた時には、妻はすっかり疲弊しておりました。
とは言え、ここで敵兵に見つかっては元も子もございません。
道の脇の茂みの中へ半丁ほど入って休んでおりますト。

二人を追いかけてくるように、女の声が泣きながらこちらへ近づいてまいります。
こけつまろびつ、ほうほうの体で山道を駆け上がってくる様子。
耳を澄ましてよく聞いてみますト、これはナント長く召使ってきた女童(めわらわ)の声。

この女童は、弓削で妻の世話をさせていた者でございます。
足手まといになってはト、そのまま弓削に置いてきたのでございました。
主家を慕って追いかけてきた、その心ばえがいたわしく、




「どうした。わしらはここにおるぞ」

ト、呼び止めますト、女童は安堵と嬉しさの入り混じった声で、

「お殿様。私はどこまでもお供いたしますものを、どうしてお連れくださらないのです。主なくして生きながらえる甲斐などございません。どうか一緒にお連れくださいませ」

ほんの子どもの決死の覚悟を知り、小石と妻は愛おしさに感じ入る。
危険ではありますが、味方の根拠地である大和国まで同行させることにいたしました。

三人で茂みの中で休んでおりますト、やがて妻がにわかに産気づいて、苦しみ出しました。
山中の夜更け。その上、今宵は月が出ない。
鼻をつままれてもわからないような暗闇の中で、男の小石はおろおろするばかり。
ト、この女童がかいがいしく世話を焼きまして、無事に赤子を出産させました。

「この者がいなければ、一体どうなっていたことであろう。よくぞ跡を追ってきてくれたものだ。主君冥利に尽きるとはこのことよ」

夫が思わず呟きますト、妻も笑顔で頷いた。

――チョット、一息つきまして。

この怪異譚をみんなに紹介する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着怪異譚のお知らせを受け取る