右も左も同じ顔 玄陰池

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
唐土(もろこし)の話でございます。

かの国の西北、太原の地の商人に。
石憲(せきけん)ト申す者がございました。

たいそう無鉄砲な男でございまして。
危険を顧みもせず、北の夷族の地にまで。
しばしば、商いに出向いておりました。

その年の夏も、石憲は雁門関をひとり超えて行く。

これは雁門山中にある唐土の側の関所でございまして。
匈奴、鮮卑、突厥といった夷族の侵入が続いた頃。
中原の地を守るために設けられた要衝でございます。

北方とはいえ、その日はうだるように暑い日で。
歩き疲れた石憲は、路傍の大木の下で涼んでおりましたが。

あまりの熱さに朦朧とするのか。
さてまた、眠気に襲われたのか。

ともかくも、うとうとトまどろみ始めたその矢先に。
石憲を間近に覗き込む一人の男の姿があった。

褐色の法衣を身にまとい。
やぶにらみの細い目でこちらをじっと見ている。
その様子に石憲が思わず肩をすくめると。
僧はまた一歩進み出て、語りかけてきた。

「あなた。こんなところで横になっていては、熱に冒されて死んでしまいます」

存外にも、ト言っては何ですが。
親身な物言いに石憲はコクリと頷きまして。
その時初めて、己の容態に気がついた。
すでに暑気あたりを起こしていたのでございます。

スポンサーリンク

「拙僧は五台山の南に庵を結んでいる者でございます。ここらとは違い木々も生い茂り、水も豊かでございます。俗世から遠く離れた、やすらぎの地ト申せましょう。ちょうど拙僧の同志たちが避暑に集まっておりますから、あなたもぜひ一緒においでなさい。さもないと、あなた。命が危ない」

石憲はただ、うんうんト頷くのが精一杯で。
実際、暑さで視点も定まらないような有様でございましたので。
一も二もなく、僧の差し出した手を握り。
引かれるままに後をついていきました。

それからどこをどう歩いたものか。
顎を突き出し、舌を出して。
ゼイゼイと歩いておりますうちに。
はや、五、六里ほどは歩いたことでございましょう。

ふと、重い頭をもたげて見ますト。
果たして、遠くに深い森が見えてきた。

徐々にその森の中に足を踏み入れていきますト。
石憲もようやく息を吹き返した心地になる。

大樹に覆われた陰の下、ひんやりとした風が頬を撫でる。
行けば行くほど、冷気が増していくのが感じられます。

俗世の喧騒が徐々に遠ざかっていき。
辺りが張りつめたようにしんとする。

ト、徐々にまた聞こえてまいりましたのは。
バシャバシャと水を叩くような音で。

「ここは玄陰地と申しましてな。我が同志たちが、水浴びをして暑気を払っているト申したのは、ここのことでございます」

見ると、確かに大勢の僧侶たちが。
大きな池の中を、自在にスイスイと泳ぎ回っておりました。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから