猿の恩知らず

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
平安の昔の話でございます。

筑紫国のとある地に、貧しい女が暮らしておりました。
海近くに住んでおりましたので、いつも浜に出ておりました。

ある日、女は二歳の子を背負いまして。
隣の女とともに磯へ出て、貝を拾っておりましたが。
途中、しばし岩の上に子を下ろし。
上の子に守りをさせておりました。

しばらくして、ふと辺りを見渡すト。
山から降りてきた猿が、浜辺で佇んでいるのが見えた。

「ごらんよ。魚を獲ろうとしているんだろうね。見に行こうか」

そう言って女ふたりが近づいていきますト。
猿は怯えながらも、どうしたことか逃げずにいる。
辛そうな顔をして、逃げるに逃げられないといった体でございます。

何をしているのだろうかト、しばし見守っておりますト。
その謎がふたりにもようやく解けました。

溝貝という貝の大物が、口を開けていたところへ。
この猿がおそらくは取って食おうとしたのでございましょう。
手を突っ込んだはいいものの、口を閉じられて動けずにいるのでございます。

潮は次第に満ちつつある。
このまま満ちれば猿は溺れて死んでしまう。

そのうちに、よその女たちも集まってくる。
惨めな猿を見ては、皆で手を叩いて笑っている。

「ただで死なせちゃもったいない。活きのいいうちに捕まえてしまおうよ」

ト、ひとりが舌なめずりをしたかと思うト。
大きな石を持ち上げて、猿の頭の上に振り上げた。

「ちょ、ちょっと。何をするんです」

子を連れた女はたいそう慌てまして。
よその女を必死になって止めました。

スポンサーリンク

「いいじゃないか。今のうちに殺して、焼いて食うんだよ。貝と肉とで一石二鳥じゃないか」

子を連れた女は、その考えに一層うすら寒い思いがいたしまして。
よその女に懇願して、猿を請い受けることになりました。

女は木の枝を拾って、貝の口に差し込んでやる。
無理矢理にこじ開けてやると、ようやく猿の手が抜けました。

猿は思わず駆け出していきましたが。
ふと立ち止まって女を振り返り、さも嬉しそうに飛び跳ねている。

「殺されそうなところを助けてやったんだ。畜生でも、よくよく考えないといけないよ」

猿は合点顔をして、頷くような素振りを見せる。
女もそれを見て、何やら嬉しくなりまして。

「畜生の身でも、情けは通じるものと見えるねえ」

優しく声をかけると、猿は頭を下げながら山へ向かって去っていきましたが。
何を思ったか、途中で方向をくるっと変えまして。
こともあろうに、女の子供のいる岩の方へ駆け寄っていった。

「こ、こらッ。何をするんだよ」

女が慌てて止めようとするのを聞きもせず。
猿は女の子供をサッと抱き上げますト。
泥棒猫が魚をくわえて逃げるかのように。
それッと、山へ向かって駆け出していきました。

守りをしていた上の子が、恐怖に染まって泣き声を上げる。
女は真っ青になって駆け出し、後を追いましたが。

慌てたあまり、砂に足を取られ。
もつれて倒れ込んでいるその間に。
猿はみるみる遠くへ去っていく。
女は砂を噛んで、また立ち上がった。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから