::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

猿の恩知らず

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、女に命を救われた猿が、こともあろうに女の子供を攫って山へ逃げていくところまでで――。

「そら見たことか。畜生は所詮畜生なんだよ。顔に毛の有るやつが人の恩など知るものか。あのまま殺させておけば、あの子は貝と肉がいっぺんに手に入り、あんたは子供を取られずに済んだものを」

ト、今さら憎まれ口を叩いたところで仕方がない。
隣の女は、子を盗られた女の手を引きまして。
二人して猿の後を追いかけていく。

ところが、妙なことには、かの猿でございます。

まるで捕まえてくれと言わんばかりに。
ふたりが走れば走り、歩けば歩く。
あまり距離が開きすぎないようにというつもりか。
適度に間隔を保っているようにも見えました。

「なんて情けを知らない畜生だろう」

翻弄された女はついに力尽きて。
走るのをやめて猿に呼びかけた。

「別に恩を着せようというわけじゃない。だが、消え入る命を救ってやったのは私じゃないか。私の可愛い子供なんだよ。取って食うのだけは勘弁しておくれよ」

女ははらはらと涙を流しましたが。
非情の猿には通じません。
猿は山奥深く分け入っていく。
大木を見つけるト、子を抱いたままスルスルと登っていきました。

「本当に酷いことをするやつだ」

女は、大木の根元で力なく見上げているばかり。

「あんたの亭主を呼んでくる。それまで気を確かに待ってなよ」

隣の女がそう言い残すや、一目散に山を駆け下りていきました。

猿は梢の大きな股に、子を抱いて腰掛けている。

一体何をしようというのでございましょう。
大きな木の枝を引っ張ってしならせつつ。
一方で抱いた子供を盛んに揺らして大泣きさせる。
泣き止むとまた揺すって、無理にでも泣かせようとしております。

するト、一羽の大鷲がその泣き声を聞きつけまして。
女の愛児をめがけて、一直線に襲い掛かってきた。

女は気を失いかけて、目をつぶる。

スポンサーリンク

ト、その時、猿がしならせていた枝を突然放した。
バシンっとものすごい音を建て、急降下してきた鷲の額に命中する。
大鷲があっという間に地に落ちていった。

女が呆気にとられておりますト。
猿はまた懸命に枝に手を伸ばし。
先程と同様に大きくしならせつつ。
抱いた子供を揺すって大泣きさせようとする。

そこへ、また別の鷲がおびき寄せられてまいりました。

女はここに至って、ようやく猿の考えに気づきます。
猿が我が子をさらったのは、恩返しに鷲を撃ち落としてくれるためだったのだ。

「わかったよ。お前の気持ちはしっかと受け取った。もういいから、私の子供を返しておくれ」

女は木の下から猿に向かって泣く泣く訴える。
猿はまだまだとばかりに、次から次へと鷲を撃ち殺す。
そうこうしているうちに、ついに五羽も仕留めました。

これでようやく納得したのでございましょうか。
猿は子を抱えて木をスルスルと降りてまいりますト。
女の足元に子をそっと座らせまして。
再び木をスルスルと登っていきました。

そこへ、隣の女に連れられてやってくる女の亭主。

「畜生め。俺の子供に何をしやがるッ」
「あ、あんた。違うんだよッ」

亭主は駆け込んできた勢いそのままに。
手に握りしめていた石を力の限りに投げつける。
鷲が子に襲いかかったときのように。
硬い石が猿の額めがけて飛んでいった。

五羽の鷲の死骸の上に、力なく覆いかぶさるようにして。
どさっと落ちてきたものは、猿の死骸でございました。

人畜の情けは決して相通じることがないという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(「今昔物語集」巻二十九第三十五『鎮西猿打殺鷲爲報恩与女語』ヨリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから