::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

波の白雪 名刀捨丸の由来

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、山中で道に迷った治三郎が、賊の棲み処とも知らずに一晩の宿を乞うたところまでで――。

賊の棲み処と聞いて、治三郎は途端に震え上がる。
そういうことならこっちからお断りだ、ト。
一目散に逃げだそうと致しますト。

「もし、あなた」

ト、女が今更ながら呼び止めます。

「夜の山道を追い返すのは、やはり心苦しゅうございます。それに途中で夫に出くわしたら、元も子もございません。どうぞお入りください」

そう言って治三郎を招き入れると、台所の戸棚へ押し込んだ。

「狭いですが、我慢をしてください。絶対に声を出してはいけませんよ」

治三郎は真っ暗闇に閉じ込められて、心細い思いで息をひそめる。

ト、やがて――。

「お縫、帰ったぞ」

男のガラガラ声とともに、人の気配が戸口に立つ。
治三郎は戸の隙間から家の中を覗いてみる。
そこにいたのは、鉄砲を背に担いだ毛むくじゃらの男。
どうやらこれが噂の捨丸らしい。

「おい、来てるんだろう」

捨丸は訳ありそうに、声を潜めて尋ねます。

「誰がです」
「今日はついてるぞ。日暮れ頃に見たんだ。二十三、四の若いのが一人で呑気に歩いていた。草鞋の擦り切れ具合から見て、ありゃあ懐に五十両ばかり持っているに違いねえ。この辺りで人家と言えばここしかねえからな。どうだ、来てるだろう」

ト、女房のお縫ににじり寄る。

「いいえ、誰も来ていません」

すると、捨丸はさっと表情を変え、

「お前、さては仏心を出しやがったな。山賊の女房がどうして獲物をかばいやがる。おい、どこに隠した。さっさと出せ」

怒鳴りつけたかト思うト、炉の燃えさしの薪を女房の腕に押し付けた。

キャーっと悲鳴が響き渡る。

「言えッ。どこに隠した。言えッ」

戸棚の中でこの様子を見ていた治三郎は。
居ても立っても居られなくなりまして。
思わず戸棚を飛び出しますト。
二人の間に割って入った。

「おい、泥棒野郎。やめろ」
「誰だ、お前は」
「俺がその若いのだ。こんな優しいおかみさんになんてことをする」

ト、義侠心に駆られて賊に詰め寄りますが。

「おっと。ちょうどいいところへ出てきた。お前が出てくりゃ、それでいい。聞いていたろう。さあ、金を出せ」

治三郎は懐に手を当てる。
そこにあるのは、家のために大事な五十両。
ところが、迷いもいたしません。
鷹揚に金を取り出すト、賊の目の前に突き出しまして。

スポンサーリンク

「先祖伝来の田畑を請け返すための金だ。これで気が済むなら、みんなくれてやる」

これには、さしもの盗賊も目を見張る。

「ほほう。なかなか、さっぱりした若い衆だ。では、ありがたくいただこう」

ト、髭をさすって唸りました。

「なかなかいい刀を差しているじゃねえか。それも出しな。それから着物もだ」

主人が支度してくれた着物に腰の刀まで。
治三郎は、たけのこのように身ぐるみはがれてしまう。
下帯一枚のなんとも心細い姿となりました。

「よし。もう、用はねえ。さっさと出ていけ」

捨丸は金を勘定し終えるト、治三郎をあざけるように吐き捨てる。

「頼まれなくっても出ていくさ。だが、一つ頼みがある」
「何だ」
「山の夜道で獣に襲われるといけない。菜っ切り刀でも何でも貸してくれ」
「お前の隠れていた戸棚に、錆びた刀がいくらでもある。好きなだけ持っていけ」

戸を開けるト、確かにそこに刀がゴロゴロとある。
初めから知っていれば、これを握って襲い掛かったものを。
ト、悔やんだところでもう遅い。
適当な長さのものを見繕い、褌に差して去ろうトいたしますト。

「おい、待て」

ト、盗賊が呼び止めます。

「お前、獣が怖いと言ったな。そんなら、これを持っていけ」

治三郎が手渡されたものを見てみるト、先に火の着いた一本の短い縄で。

「獣ってえのは馬鹿だからな。これを振り回してると、近くに鉄砲があると思って勝手に逃げていく」
「そうか。そいつはありがたい。では、遠慮なくいただいていこう」

治三郎は火縄を振り振り、捨丸の棲み処を後にした。

捨丸はその後姿を見つめている。
お縫が夫の後ろから、心配そうに治三郎の行方を見守ります。

やがて、火縄の火が遠ざかっていきますト。
あろうことか捨丸は、おもむろに鉄砲を構えました。
火縄を渡したのも、初めから目印にするつもりだったのでございます。

「あ、あなた。何をするんです」
「決まってるだろう。殺すんだ。あちこちで余計なことを喋られちゃあ困る」
「お願い、やめてッ」

すがるお縫を払いのけ。
捨丸は狙いを定めて鉄砲をズドン。
弾は治三郎の耳をかすめて前の木に命中した。

「ちくしょう、ちくしょう」

治三郎はしかし、弾が飛んできたことに気づきもしない。
ちくしょう、ちくしょうト、さっきから涙を流していたからで。

「ちくしょう。どうして、いつも俺ばかり――」

これほどまでに治三郎が、悔しがったのには訳がある。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから