::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

苺の六郎、雪の十二郎

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、吹雪の中で行き倒れたお雪が、見知らぬ老人の家で十二人の息子たちに出会うところまでで――。

「でも、どうして――」

お雪はひとつ気になって尋ねました。

「どうして、こんな名前をつけたんです」

お雪が不思議に思うのも無理はない。
十二人の息子の名が、みな一郎やら十二郎やら。
これでは、あまりに芸がございません。

「一郎は一月、二郎は二月、三郎は三月――。みんな、その月の申し子じゃからの」

涼しい顔で老人がそう答えるのを聞きまして。
道理で、トお雪は妙に合点がいった。

確かに一郎は正月らしい凛々しさで。
四郎には花開く季節の陽気さがあり。
初夏の六郎は快活ながらも爽やかで。
厳冬の十二郎には吹雪の如き険しさがある。

「わしの息子たちはどんな月でも呼び出せるのじゃ。そなたは苺がほしいのじゃろう」

ト、言って老人は再び天井を見上げますト。

「六郎」
「おお」

若者が梁の上からダッと降り立った。

短い筒袖から二の腕を露わに出し。
単衣の丈は尻が見えそうなほどに詰めてあり。
腹のあたりで一本の麻紐を無造作に結んでいる。

まるで夏の小山のそよ風のように。
爽快な好男子でございます。

「お前、この娘さんと一緒に行って、木いちごでも蛇いちごでも、何か採らせてやってこい」
「おお」

ト、答えるやいなや六郎はお雪の手を取った。

スポンサーリンク

お雪は思わずドキリとした、ト申しますのも。
男に触れられたことナド初めてでございますから。
恥ずかしく思って手を引こうトいたしましたが。

六郎の力は思いの外強くございましたので。
握られたまま、後についてお堂を出ていきますト。

外は相変わらずの雪景色ではございますが。
妙なことに雪も風もまるで身に堪えはいたしません。

どうやら若者の体が熱を帯びているようで。
それが、握られた手を通してぬくぬくト。
お雪の総身に広がっているのでございます。

「よし。ここらで良いだろう」

しばらく行ったところで六郎は立ち止まりますト。
お雪から手を離し、己の単衣の胸をサッとはだけまして。
両手で左右の襟を掴み、パタパタと仰ぎ始めました。

するト、たちまち小山のそよ風のような風が起こりまして。
その風がやがて雲を蹴散らし、さらには陽気を呼び起こし。
野原や木々に積もった雪を、次々ト溶かしていきました。

見る見るうちに、辺りは夏の野原に様変わりする。
草木は芽を吹き、花を咲かせ、実を生らせる。

「まあ、苺だわ。こんなにたくさん。あっちにも、こっちにも――」

お雪は嬉しくなってしまいまして。
我を忘れてはしゃいで駆け回り。
あっちの苺、こっちの苺ト。
籠いっぱいに摘んでおりましたが。

ふと気がつくト。
いつの間にやら若者の姿は消えている。

びっくりして、まばたきをしますト。
一瞬にして、辺りは雪野原に戻ってしまった。

籠にはいっぱいに詰まった野いちごの山。

お雪は何だか急に哀しくなりまして。
がっくりうなだれて、雪道をトボトボと帰っていきました。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから