::お知らせ:: 画師略伝 葛飾北斎 ―画狂老人は一処に安住せず― を追加しました
 

業平と芥川の人喰い倉

この怪異譚をみんなに紹介する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 21

どこまでお話しましたか。
そうそう、入内予定の女を奪って去った業平が、無人の倉に女を連れ込んだところまでで――。

業平は着物を脱ぎ捨てて。
女の傍らにひたト寄り添う。
そうして長い黒髪に。
そっと手を掛けましたそのときに。

ピカッと突然の稲光りが。
夜陰を切り裂き、戸を突き抜けて。
一刹那、白日下のごとくあたりを照らし出した。

ゴロゴロゴロ――。

続けて轟く、大雷鳴。

ト、その轟音に紛れるように。
聞こえてくるのは妖しい声。

ケラケラケラケラケラ――。

闇の中の四方八方から。

カタカタカタカタカタ――。

何者かのあざ笑うような声が。

クトクトクトクトクト――。

ふたりを取り囲むように響き渡る。

「な、何者――」

業平は、すわト立ち上がり。
太刀を抜いて声に立ち向かう。

ケラケラケラケラケラ――。
カタカタカタカタカタ――。
クトクトクトクトクト――。

が、姿はどこにも見当たりません。

ケラケラケラケラケラ――。
カタカタカタカタカタ――。
クトクトクトクトクト――。

カッ、カッとふたたび稲光り。

閃光の中に、その刹那。
大きな目玉が確かに見えた。

中将、太刀を振り回し。
切って切って切りまくる。

が、刀は宙を切るばかり。

ケラケラケラケラケラ――。
カタカタカタカタカタ――。
クトクトクトクトクト――。




ピカッ、ピカピカッとみたびの稲妻。

閃光の中に現れたのは。
大きな二本の鋭い牙。
ガリガリと音を立てて歯ぎしりする。

業平は大粒の汗を流し。
それこそモノに憑かれたように。
あちらの闇、こちらの暗がりト。
手当たり次第に切りつけますが。

手応えはまるでございません。

そうする間にも、かのモノの声は。

ケラケラケラケラケラ――。
カタカタカタカタカタ――。
クトクトクトクトクト――。

ト、笑い続けている。

閃光がピカリと瞬くたびに。
大きな目玉が、牙が、毛が。
光の中で男をあざ笑っている。

男はもう精も根も尽き果てて。
床にドタリとくずおれた。

次第に、雷鳴は遠のいていき。
稲光もやんで、ふたたび闇トなる。

もはや動く気力もございません。

やがて夜が明けていき。
あたりがうっすらト見え始めたとき。
ようやく中将はふと気がついた。

そういえば、この女――。

これほどの騒ぎのさなかにも。
やけに静か過ぎはしなかったか。

振り返るト、そこには女の着物が。
元の通りに臥せっておりましたが。

その着物の中を覗いてみますト。
女の姿はございません。
ただ、見覚えのある長い黒髪だけが。
着物の上に広がっている。

黒髪をつまみ上げてみますト。
持ち上がったのは、女の頭がひとつ。
わざもののごとき鋭い切り口からは。
赤黒い血がダラダラ垂れていた。

おそるおそる業平は。
死首をくるりトこちらへ回す。

ト――。

瞳は静かに閉じておりましたが。
その口はまるで大笑いをするように。
左右に大きく裂けていたという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(「今昔物語集」巻二十七第七『在原業平中将女被噉鬼語』及ビ、「伊勢物語」第六段(通称『芥川』)ヨリ)

この怪異譚をみんなに紹介する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着怪異譚のお知らせを受け取る