金弥と銀弥

双子のように仲の良い美貌の侍女、金弥と銀弥。ある晩、銀弥は金弥の秘密の姿を目にしてしまい――。ひとつ褥に妖物が添い寝する。江戸の名随筆家、鈴木桃野「反古のうらがき」中の一篇より。

雨夜の悪党 引窓与兵衛

江戸から逃げてきた小悪党、引窓与兵衛。殺しの罪を他人に着せ、無実の者から金をゆする。手を取り合って逃げる妻の目に写ったものとは――。三遊亭圓朝改作による古典落語より。

白い乳房に憑いたもの

若く美しい尼僧が語った発心譚には、女の業と情念がしがらんでいた。尼僧の白い乳房に今も憑いているものとは――。怪異に満ちた江戸の随筆集、根岸鎮衛「耳嚢」中の一篇より。

瓜売り歩く人と馬

馬の背に瓜を積み、酷使して売り歩く男。あまりの非情さに、通りすがりの老僧が意見をするが――。暗闇から迫ってくる獣の足音。人のこうべは瓜の味。「日本霊異記」より。

子殺し幻術

ある日、漢人の街に現れた西域人の父子。父は息子の首を斬り落とすが、それは鮮やかな幻術だった。ところが、それが思いもよらぬ事態を招き――。青い瞳と赤い鮮血。最後に倒れたのは誰だったか。南唐「中朝故事」中の一篇より。

蛇女房

寂しく暮らす木こりの与市のもとへ、ある日訪ねてきた美しい娘。見知らぬ女と挙げる祝言。産屋から漏れ聞こえる呻き声の謎。「坊、坊」と鐘の音。雪のように白い肌と、卵のような女の目玉。切なくも美しい異類婚姻譚。

暗峠 姥ヶ火の首

山家の花と謡われた美貌の娘を襲った哀しい偶然。人目を忍んで老いた女は貧しさの中で罪を犯したが――。二股の矢が生首を刎ねる。火を吹き、宙を飛ぶ妖異。井原西鶴「西鶴諸国ばなし」中の一篇より。