幽女を見る目

幽霊を見ることができる眼を得てしまった男。右も左も目に入るのは亡霊ばかり。毎日を怯えて過ごしていたが――。冥府の女が男を誘う。その真意とは。南宋の志怪小説「夷堅志」より。

藁人形

願人坊主の西念は、人気女郎のお熊から父と慕われていたが――。血まみれ、傷だらけの濡れ鼠。異様な匂いを放ちながら、鍋の中でグツグツ煮えたぎっていたものとは。

金弥と銀弥

双子のように仲の良い美貌の侍女、金弥と銀弥。ある晩、銀弥は金弥の秘密の姿を目にしてしまい――。ひとつ褥に妖物が添い寝する。江戸の名随筆家、鈴木桃野「反古のうらがき」中の一篇より。

雨夜の悪党 引窓与兵衛

江戸から逃げてきた小悪党、引窓与兵衛。殺しの罪を他人に着せ、無実の者から金をゆする。手を取り合って逃げる妻の目に写ったものとは――。三遊亭圓朝改作による古典落語より。

白い乳房に憑いたもの

若く美しい尼僧が語った発心譚には、女の業と情念がしがらんでいた。尼僧の白い乳房に今も憑いているものとは――。怪異に満ちた江戸の随筆集、根岸鎮衛「耳嚢」中の一篇より。