廃寺の五妖怪

荒れ果てたかつての名刹には、謎に満ちた噂が――。仏法をもって魔と対峙する旅僧。謎を解く鍵は物の怪たちが互いを呼び合う名前にあった。民話としても全国に流布する江戸の傑作降魔譚の一。

阿弥陀の聖

ひと気のない森の中、見知らぬ男に握り飯を勧められた念仏聖。不意に男は立ち上がり、驚くべき事実を口にする。因縁の狩衣。山の麓の荒屋と老夫婦。迫りくる蓮の花に秘められた情念とは――。

水を飲んだ女

真夏の昼下がりに現れた幼く愛らしい寡婦。その人柄に惹き込まれた王夫婦は、少女を息子の嫁にもらうことにするが――。夢枕に悲痛の訴え。寝間から聞こえる怪しい音。「酉陽雑俎」中の一遍より。

死神

金の算段がつかず、女房にも愛想を尽かされた男。目の前に現れたのは、ひとりの老人だった――。近代日本語の祖、三遊亭圓朝が、移入されたばかりの西洋文物を翻案して創出した日本の死神。

江ノ島 稚児ヶ淵の由来

四周を断崖に囲まれた江ノ島。鎌倉建長寺の僧自休は容姿美麗な稚児白菊を見初める。高僧が堕ちた愛執地獄。悶え苦しんだ先に待っていた悲劇とは。歌舞伎「桜姫東文章」「青砥稿花紅彩画(弁天小僧)」などの原拠として知られる相州の伝説より。

生きながら鬼になりし者

二親に死なれ、天涯孤独の小太郎は、親孝行と評判の巳之助を常に妬んでいた。山中であるものを手に入れた彼は、巳之助を酷い目に合わせようと画策するが――。諸国百物語中の一篇より。

猿の恩知らず

死にゆく定めにあったところを、人間の女に救われた猿。頭を何度も下げながら山へ帰っていくかに思われたが――。獣なりの考えとは何だったのか。誰もが驚かされる結末とは。今昔物語集より。

食い込む爪

旅の途中、街道沿いのある村で宿を求めた四人の若者。老いた主人が貸し渋る一室に、何とか口説き落として泊めてもらうことになったは良いものの――。暗闇の惨劇。息を呑む展開。聊斎志異中最恐との呼び声高い一話より。

修羅道 佐倉惣五郎

下総佐倉の名主、木内惣五郎。領主堀田正信の苛斂誅求に、民になり代わって立ち上がるが。義憤の行く先に待っていた悲劇。歌舞伎「東山桜荘子」の原拠として知られる実在の人物伝より。

神隠し 嬰児と黒髪

山中で遭遇した女は、かつて己が想った娘だった――。背中におぶった赤子の来歴。そして、女の来し方に秘められた悲話とは。二十年ぶりの再会に、男と女は何を思うのか。柳田國男「遠野物語」中の数篇より翻案。