忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)将門

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

我々関東者にとって英雄と申しますト。
一も二もなく、平将門公でございますナ。

何故かト問うのは野暮というものでございます。
訳あって崇め奉るわけではない。
訳もなく崇めたくなるのが、真の英雄で。

将門公は、一族内での争いに端を発しまして。
やがて京の朝廷から東国を自立せしめんと標榜し。
一時は「新皇」を称するに至りましたが。

最期は藤原秀郷らに討伐されまして。
波乱に満ちた生涯を閉じられました。

その際、京の都大路にて首を斬られましたが。
三日目の晩に、首が故郷関東を目指して飛んでいき。
今の大手門外の地に落ちたト申します。

その首塚に「蛙」の置物が数多奉納されている。
これは、旅人が国へ無事「帰る」という願いを込めたものだそうでして。
もっとも将門公自身は、無事には帰っておりませんが。

さて、将門公が討ち取られましたその後も。
新皇の勢力は、捲土重来を期して、各地に潜んでおりました。

ここは下総国相馬の古御所。
亡き将門公の御殿跡でございます。

かつて栄華を誇った東内裏(あづまだいり)も。
今はすっかり荒れ果てまして。
崩れた天井に巣食う蜘蛛だけが。
主の帰りを待ちわびている。

月影差し込む、その荒れ屋敷のひと間に。
どっかと座って、居眠りをする若者がひとり。

これは大宅太郎光圀(おおやけ たろう みつくに)ト申す豪の者。
主君、源頼信の命により、将門配下の残党狩りに来ておりました。

さしもの豪の者も、押し寄せる睡魔には勝てないようで。
もう何日もこうして番をしておりますので。
眠くて眠くて仕方がない。

スポンサーリンク

ト、うとうとトまどろむ光圀の目に。
何やら妖しい影が映った。

先程まで闇だったこのひと間の片隅に。
みずから燭台を掲げ持つひとりの女。
見るト、きらびやかな衣に身を包んでいる。
美しい傾城でございます。

「おのれ、何者ッ」

こんな荒れ果てた屋敷跡に、遊女が現れるのはいかにも怪しい。
刀に手をかけた光圀を見て、傾城がたしなめるように笑みを浮かべる。

「お慌て遊ばすな、光圀殿。京嶋原より参りし、如月と申す遊女にございます」
「待て。どうして、俺の名を知っている」

思わず光圀は問いましたが。
本当に訝しく思ったのは、京から来たと称していることで。

「そのことでございます。実は都におりました時、客の誘いで嵐山へ遊山に出かけたことがございました。その時に、光圀殿をお見かけ申し、以来、恋い焦がれること幾年月。将門の残党狩りに東国へ下向されたと聞き、後を慕ってここまでやって参ったのでございます」

ト、まるで光圀の心を読んでいるかのようなことを言う。

蝋燭の炎が揺らめいている。
白い煙が立ち上っている。
如月は目を潤ませて、思いの丈を打ち明けている。

「なるほど。そんな女の一人や二人、あったとておかしくはあるまいな」

光圀はそう言って、刀に掛けた手を緩めまして。
闇の中をにじり寄ってくる、遊女如月の肩を優しく抱きましたが。
その眼光はまるで真剣のように、鋭い光を放っている。

実は、この女が現れるのを、光圀はずっと待っていた。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから