::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

妻の首をすげ替える

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、冥界の判官に臓物を取り替えてもらって以来、鈍かった朱小明の頭が突然冴え出すところまでで――。

ある晩の酒の席。
朱はいつにもまして、判官に酒を勧めます。

「先だっては臓物を入れ替えていただいたおかげで、私の頭脳も見違えるように明晰になりました。ところで一つ相談があるのですが」

上目遣いで判官を見る。

「遠慮はご無用。なんでもおっしゃってください」

さしもの判官もすでに酔いが回り始めている。

「実は私の妻のことでございまして」
「ほう、奥方が」
「なにぶん、うだつの上がらぬ時分に結婚しましたもので」
「ふむ」
「肉付きは申し分ないのですが、いかんせん顔のほうが」
「なるほど。承知いたしました」

それから数日後。
夜更けに門を叩く者がある。
慌てて床を抜け出て、招き入れますト。
判官が懐に何かを抱えて立っていた。

「お喜びくだされ。先程、ついにご所望の品を手に入れましたぞ」

見るト、その手に抱かれておりますのは。
ハッとするような美女の生首で。
まだ首の切り口から、鮮血がダラダラと垂れている。

「野犬に血の匂いを嗅ぎつけられると困ります。さあ、急ぎましょう」

判官に急かされまして、朱は妻の寝室へ案内する。
男二人が暗い廊下を、抜き足差し足忍び足。
そっと戸を開けて中に入っていきますト。
妻がだらしのない姿で眠っている。

判官は生首を朱に渡しますト。
沓に挿しこんであった小刀を抜き取りまして。
朱の妻の首にあてがいますト。
ぐっぐっぐっト両手で押し込んだ。

ザクッ、ザクッ、ザクッ――ゴロリ。

さあっと寝台に広がる鮮血の海。

判官は急いで美女の生首を受け取りますト。
これを妻の切り落とされた首の跡にはめ込みまして。
頭頂を押さえて、ぐいっトねじ込んだ。

「そちらの首は庭の片隅にでもお埋めなさい」
「に、庭に――」
「いかにも。もう要らないのではございませぬか」

呆気にとられて立ち尽くす朱を。
判官が手を引いて連れ出しまして。
いつものように酒を酌み交わしますト。
機嫌良さそうに帰っていきました。

朝。

妻はいつものように目を覚ます。
ト、何やら具合がいつもと違います。
何気なく顔を撫でてみるト、血がぬらり。
「ぎゃっ」トいう叫び声に下女が驚いて飛んでくる。

「お、奥様。そのお顔は――」

奥方の顔はすっかり血まみれで。
目鼻がどこにあるのかも分からぬくらい。
盥に水を汲んで運んできまして。
顔を洗うト、みるみる盥が真っ赤になる。

「あ、あなた。私――」

騒ぎを聞いて入ってきた朱に、妻が震える声で助けを求める。

スポンサーリンク

「うむ。なるほど。すばらしい。――心配しなくてもいい」

朱は満足げに頷きますト。
持ってきた手鏡を妻に向けてみせる。

「あ、あなた。私は――、私は――」

柳のように細い眉。
紅差す頬に、小さなえくぼ。
絵に描いたような美女の顔が。
動揺した様子で問いかける。

「私はどこッ。私はどこッ」

妻の首には赤い筋。
上下で見事なまでに肌の色が異なります。

突然失われた我が顔と。
突然現れた他人の顔と。

朱の妻は大いに混乱しまして。
そのまま気が違ってしまいました。

するト、噂はたちまち千里を走りまして。
数日後、立派な身なりの者が朱の家を訪ねてくる。
これは呉御史ト申す土地の高官でございまして。
我が朝で申すなら、代官かそれ以上でございます。

「その方の妻は突然、別人のように顔が変わったそうであるな」

朱はこの高官の意図がよく飲み込めません。
何かを咎めているのは確かでございましょうが。
さて何を咎めているのかが分からない。

「実はその、かくかくしかじか、こういうわけで――」

判官を背負って帰ったことから。
首のすげ替えの件に至るまで。
朱は妻を御史に引き合わせて。
何から何まで白状いたしましたが。

「よし。この男を連れて行け」

あっさりと捕縛され、連れ去られてしまいました。

実は、判官が首をすげ替えたあの晩。
呉御史の十八になる美しい娘のその寝室に。
何者かが押し入ったのだト申します。

悲鳴に家の者たちが駆けつけてみますト。
首のない娘の無残な死骸が。
寝台に横たわっていたのだト。

妖術をもって衆人を惑わした罪により。
朱はあっけなく刑場の露と消えましたが。
狂乱した妻は、娘の身代わりとして。
呉御史の家に迎えられ、何不自由なく暮らしました。

一方、十王殿の東廊からは、判官像が跡形もなく消えていたという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(清代ノ志怪小説「聊斎志異」巻二ノ五『陸判』ヨリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから