::お知らせ::  [ 画師略伝 ] 「月岡芳年 ―血みどろ絵師は「生」を見つめた―」を追加しました

鰍沢(かじかざわ)

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

ご承知の通り、法華の総本山ト申しますト。
身延山(みのぶさん)久遠寺でございまして。
これは山がちで知られる甲斐の国の。
さらに深い山の奥でございます。

ときは冬。
吹雪の激しい日のことで。
振り分け荷物の旅人が。
参詣道を急いでいる。

法論石から小室山。
毒消しの護符を授かりまして。
富士川を下って身延へ参るべく。
これから鰍沢(かじかざわ)へ出ようという。

駿府まで急流が下る富士川の。
大きな河岸(かし)のひとつが鰍沢。

折からの大雪に足を取られ。
日暮れまでに抜けられそうにもない。
とはいえ、野宿もしようにない。

行けども行けども雪景色。
このままでは凍え死んでしまう。
そう心細く思っておりますト。
遠くに人家がポツンと見えてきた。

「御免ください」

あばら家の板戸をドンドン叩く。
ガラリと出てきましたのはひとりの女。
どうかト一夜の宿を乞うト。
どうぞト中へ招き入れた。

「お寒うございましたろう。焚き火がありますから、お当たんなさい」

か細く甘い声で言う。
囲炉裏に枯れ木をくべてフーっと吹く。
途端に赤い炎がドッと燃え上がる。

その灯に照らし出された女の顔。
見れば、年の頃は三十二、三。
鄙には珍しいほどの愛嬌が。
目許から零れておりますが。

顎の下、喉元に近いあたりに。
刃物で突いたような、えぐったような。
痛ましくもおぞましい傷跡が残っている。

凄まじい喉元の傷ト。
愛らしい目許の笑みト――。

旅人は思わず息を呑んだ。

「おかみさん」
「はい」
「間違っていたら御免なさいよ」
「なんでございましょう」
「どうもお言葉を聞くと、土地の方ではございますまい」
「ええ。私は江戸の生まれです」
「なるほど。やっぱりそうだ」

ト、温まり始めた膝を打った。

「おかみさん。あなた、吉原の熊蔵丸屋にいた月の兎(つきのと)花魁(おいらん)じゃございませんか」

旅人は懐かしそうに問いかけた。

「おや、どうしてご存知で」

女がにわかに目を見張る。

「ずっと以前、十年も前の二の酉の日でした。丸屋へ上がったことがありましてね」
「おや――」
「その時の敵娼(あいかた)があなたでした」
「――そうでございましたか」

スポンサーリンク

雪より白い、月の兎(うさぎ)だト。
あどけなかった頃の花魁の。
美しい面影を重ね合わせるように。
男はじっと目を見やる。

逃げるように女は目を伏せた。

「それから次の年、また同じ二の酉の日でございましたが、もう一度丸屋へ上がると、あなたはもういない」
「――」
「男と心中したとか聞きましたが」

男は女の顔を待ち受けている。
女はそれでも目を伏せたままで。

「実は、ふたりして死に損ないました」

ト、うつむいたままそう答えた。

「体が元に戻ったら死罪にするからと、品川溜めへ――」
「――非人頭に預けられた」
「はい」
「それでは今ここにおられるのは」
「命惜しさに逃げてきたのです」

旅人はふたたび息を呑む。

「して、相手の男は」
「ここで夫婦をしております」
「そうですか。今日は旦那は」
「元が生薬屋の倅ですから、熊の膏薬を練ったのをこしらえまして、山越えをして売り歩いております」
「なるほど。ご苦労をされました」

旅人は奇縁に感じ入りまして。
胴巻きから小判三両を取り出しますト。

「花魁、これもなにかの縁でしょう。手土産もなにもございませんから、これをご亭主との暮らしの足しにでも」

女はなにも言わずにありがたく受け取りますト。

「ご覧の通りの山奥でなにもございませんが」
「どうぞ、お構いなく」
「いえ、せめて――」

ト、ようやく男を見た。

「せめて玉子酒でも召し上がってくださいな」

ト、言うト、燗鍋を囲炉裏に掛けまして。

雪より白い女の手が。
白い卵をコツンと割り。
ポチャリと黄身が鍋へ落ちる。
目の前に立つ白い湯気。

ト、そこまでは覚えておりますが。
そこから先がまったく記憶にございません。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから