五色の鹿

山奥深く孤独に暮らす猟師。激流に呑まれた男を命がけで救ったのは――。報恩と虚栄心が入り乱れる。釈迦の前世譚「ジャータカ」を原話とする「宇治拾遺物語」中の一篇より。

妻の首をすげ替える

酒の席での戯れで背負って帰った判官像。ある晩、突然現れた判官に恐れおののきながら許しを請うが――。血まみれの臓物と美しい首。中国怪異の名作古典「聊斎志異」中の一篇より。

波の白雪 名刀捨丸の由来

木曽山中。道に迷った治三郎が宿を求めた家は、名代の山賊捨丸の隠れ家だった。波の白雪が闇に光る。血に赤く染まる古伝の名刀。振りかざした不実の正義に、美女はどう応えるか。

猫塚鼠塚

山中で日が暮れ、隣村に宿を乞うた猟師の親子。寂しい破れ堂の暗がりに、拾った三毛猫の目が妖しく光る。親子を襲う猫の大群。迫り来る唸り声。戦い果てた朝、親子が見た光景とは。

蒼き炎と眠る美童

諸国行脚の旅に出た一休。ある土地で同じ一人に当てた艶書を幾通も託される。辿り着いたのは人影のまるでない廃墟のような寺町。そこに一人で住んでいたのは頑是ない稚児だった。執心が生霊となり、赤い血が鬼と化す。「諸国百物語」中の一篇より。

母は蛭子を淵に捨てよ

借財をしても決して返そうとしなかった女。十年後、女は童子ながら足腰のまだ立たぬ我が子を抱えて路頭に迷っていた。それを見た高僧が放った一言とは――。「日本霊異記」中の一篇より。

夜ごと女の首が飛ぶ 飛頭蛮

三国呉の名将、朱桓。彼が新しく雇い入れた下女は、昼間こそ純真無垢な乙女であったが――。夜の顔は宙を舞う。耳を翼のように羽ばたかせて。日本怪談のろくろ首の源流とされる「捜神記」中の一篇より。

吉田御殿 千姫乱行

大坂落城の猛火の中を救われた千姫。恩人を袖にし美男を見初めた報いが、若き御後室を情欲と嗜虐の鬼女に変えた。吉田通れば二階から招く――。「番町皿屋敷」の前日譚。

熊野起請文 烏の祟り

お人好しの主人の目を盗み、私腹を肥やす子飼いの手代。神をも怖れぬ増上慢が身に招いた破滅。反り返っては跳ね、反り返っては跳ねる火の車――。平仮名本「因果物語」中の一篇より。